A.T-MOON

contents

パンくずリスト

メッセージエリア



    画像の処理@

メッセージエリア


マーク 画像を透明化 <img src="A" border="B" style="filter:Alpha(opacity=C)">

Aには画像ファイルのURLが入ります。
Bには画像の枠の太さを【px】か【実数】で記述します。
Cには透明度を【実数】で記述します。数値が小さくなるほど透明になります。


※例)
画像を透明化
サンプル画像透明度50にすると→ サンプル画像
opacity=50で画像が半透明になります。
<html>
 <head>
  <title>ココにタイトル</title>
 </head>
 <body>
 <font color=red>※例</font><br>
 画像を透明化<br>
 <img src="画像ファイルのURL" alt="代替テキスト" border="枠の太さ">透明度50にすると→
 <img src="画像ファイルのURL" alt="代替テキスト" border="0" style="filter:Alpha(opacity=50)">
 <br>
 opacity=50で画像が半透明になります。
 </body>
</html>
↓ピンク部分のタグをコピー↓

ページTOP


マーク 右端にフィルター <img src="A" border="0" style="filter:Alpha(Style=1)">

Aには画像ファイルのURLが入ります。

※例)
右端にフィルター
代替テキスト
画像の右端にフィルターがかかります。
<html>
 <head>
  <title>ココにタイトル</title>
 </head>
 <body>
 <font color=red>※例</font><br>
 右端にフィルター<br>
 <img src="画像ファイルのURL" alt="代替テキスト" border="0" style="filter:Alpha(Style=1)">
 <br>
 画像の右端にフィルターがかかります。
 </body>
</html>
↓ピンク部分のタグをコピー↓

ページTOP


マーク 周りに丸いフィルター <img src="A" border="0" style="filter:Alpha(Style=2)">

Aには画像ファイルのURLが入ります。

※例)
周りに丸いフィルター
代替テキスト
画像の周りに丸いフィルターがかかります。
<html>
 <head>
  <title>ココにタイトル</title>
 </head>
 <body>
 <font color=red>※例</font><br>
 周りに丸いフィルター<br>
 <img src="画像ファイルのURL" alt="代替テキスト" border="0" style="filter:Alpha(Style=2)">
 <br>
 画像の周りに丸いフィルターがかかります。
 </body>
</html>
↓ピンク部分のタグをコピー↓

ページTOP


マーク 周りに四角いフィルター <img src="A" border="0" style="filter:Alpha(Style=3)">

Aには画像ファイルのURLが入ります。

※例)
周りに四角いフィルター
代替テキスト
画像の周りに四角いフィルターがかかります。
<html>
 <head>
  <title>ココにタイトル</title>
 </head>
 <body>
 <font color=red>※例</font><br>
 周りに四角いフィルター<br>
 <img src="画像ファイルのURL" alt="代替テキスト" border="0" style="filter:Alpha(Style=3)">
 <br>
 画像の周りに四角いフィルターがかかります。
 </body>
</html>
↓ピンク部分のタグをコピー↓

画像にかけるそれぞれのフィルタを逆パターンにする場合は
style="filter:Alpha(style=○)"の()内を
style="filter:Alpha(Opacity=0,FinishOpacity=100,style=○)"のように
Opacity=0,FinishOpacity=100,を加えて下さい。

ページTOP


画像の指定A 画像の処理A(HTML編)