A.T-MOON

contents

パンくずリスト

メッセージエリア



    画像の処理A

メッセージエリア


マーク 画像に影@
<img src="A" border="B" style="filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.dropshadow(color=C,positive=D,offx=E,offy=E)">


Aには画像ファイルのURLが入ります。
Bには画像の枠の太さを【px】か【実数】で記述します。影には枠は出ません。
Cには影の色をカラーコードカラーネームで記述します。
Dには影を出す方向をtrue(右方向)false(左方向)で記述します。
Eにはそれぞれ影の長さをを【実数】で記述します。offxが横方向、offyが縦方向です。
数字をマイナスにすると反対方向に影がでます。

※例)
画像に影@

画像の右側に横10、縦10のシルバーの影がでます。
<html>
 <head>
  <title>ココにタイトル</title>
 </head>
 <body>
 <font color=red>※例</font><br>
 画像に影@<br>
 <img src="画像ファイルのURL" alt="代替テキスト" border="0" style="filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.dropshadow(color=silver,positive=true,offx=10,offy=10)">
 <br>
 画像の右側に横10、縦10のシルバーの影がでます。
 </body>
</html>
↓ピンク部分のタグをコピー↓

ページTOP


マーク 画像に影A
<img src="A" border="B" style="filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.dropshadow(color=C,strength=D,directionD)">


Aには画像ファイルのURLが入ります。
Bには画像の枠の太さを【px】【実数】で記述します。影には枠は出ません。
Cには影の色をカラーコードカラーネームで記述します。
Dにはそれぞれ影の長さを【実数】で記述します。strengthが奥行き、directionが影を出す方向です。


※例)
画像に影A

画像の右斜め後ろに奥行30のシルバーの影がでます。
<html>
 <head>
  <title>ココにタイトル</title>
 </head>
 <body>
 <font color=red>※例</font><br>
 画像に影A<br>
 <img src="画像ファイルのURL" alt="代替テキスト" border="0" style="filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.shadow(color=silver,strength=30,direction=50);">
 <br>
 画像の右斜め後ろに奥行30のシルバーの影がでます。
 </body>
</html>
↓ピンク部分のタグをコピー↓

ページTOP


マーク 画像をネガ反転 <img src="A" border="0" style="filter:Invert()">

Aには画像ファイルのURLが入ります。

※例)
ネガ反転
代替テキスト
画像がネガ反転します。
<html>
 <head>
  <title>ココにタイトル</title>
 </head>
 <body>
 <font color=red>※例</font><br>
 ネガ反転<br>
 <img src="画像ファイルのURL" alt="代替テキスト" border="0" style="filter:Invert()">
 <br>
 画像がネガ反転します。
 </body>
</html>
↓ピンク部分のタグをコピー↓

ページTOP


マーク 左右反転 <img src="A" border="0" style="filter:FlipH">

Aには画像ファイルのURLが入ります。

※例)
左右反転
代替テキスト
画像が左右反転します。
<html>
 <head>
  <title>ココにタイトル</title>
 </head>
 <body>
 <font color=red>※例</font><br>
 左右反転<br>
 <img src="画像ファイルのURL" alt="代替テキスト" border="0" style="filter:FlipH">
 <br>
 画像が左右反転します。
 </body>
</html>
↓ピンク部分のタグをコピー↓

ページTOP


マーク モノクロ <img src="A" border="0" style="align:center;filter:gray)">

Aには画像ファイルのURLが入ります。

※例)
モノクロ
代替テキスト
画像がモノクロになります。
<html>
 <head>
  <title>ココにタイトル</title>
 </head>
 <body>
 <font color=red>※例</font><br>
 モノクロ<br>
 <img src="画像ファイルのURL" alt="代替テキスト" border="0" style="align:center;filter:gray">
 <br>
 画像がモノクロになります。
 </body>
</html>
↓ピンク部分のタグをコピー↓

ページTOP


マーク エンボス <img src="A" border="0" style="filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.Emboss();">

Aには画像ファイルのURLが入ります。

※例)
エンボス
代替テキスト
画像がエンボス処理されます。
<html>
 <head>
  <title>ココにタイトル</title>
 </head>
 <body>
 <font color=red>※例</font><br>
 エンボス<br>
 <img src="画像ファイルのURL" alt="代替テキスト" border="0" style="filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.Emboss();">
 <br>
 画像がエンボス処理されます。
 </body>
</html>
↓ピンク部分のタグをコピー↓

ページTOP


マーク ぼかし <img src="A" border="0" style="filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.Emboss();">

Aには画像ファイルのURLが入ります。

※例)
ぼかし
代替テキスト
画像がぼかし処理されます。
<html>
 <head>
  <title>ココにタイトル</title>
 </head>
 <body>
 <font color=red>※例</font><br>
 ぼかし<br>
 <img src="画像ファイルのURL" alt="代替テキスト" border="0" style="filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.Blur(PixelRadius=2, MakeShadow=false, ShadowOpacity=0.00)">
 <br>
 画像がぼかし処理されます。
 </body>
</html>
↓ピンク部分のタグをコピー↓

※注意
タグでぼかし処理をしても、ソースで画像ファイルのURLを見られると
処理されていない元の画像が見られてしましますので注意して下さい。

ページTOP


マーク モザイク <img src="A" border="0" style="filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.Pixelate(maxsquare=B);">

Aには画像ファイルのURLが入ります。
Bにはモザイク度が【実数】で入ります。数字が小さい程細かくかかります。

※例)
モザイク
代替テキスト
画像にモザイクがかかります。
<html>
 <head>
  <title>ココにタイトル</title>
 </head>
 <body>
 <font color=red>※例</font><br>
 ぼかし<br>
 <img src="画像ファイルのURL" alt="代替テキスト" border="0" style="filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.Pixelate(maxsquare=モザイク度)">
 <br>
 画像にモザイクがかかります。
 </body>
</html>
↓ピンク部分のタグをコピー↓

※注意
タグでモザイク処理をしても、ソースで画像ファイルのURLを見られると
処理されていない元の画像が見られてしましますので注意して下さい。

ページTOP


画像の処理@(HTML編) 画像の指定@へ戻る