A.T-MOON

contents

パンくずリスト

メッセージエリア



    リンクの基本

メッセージエリア


マーク リンクの作成 <a href="A">〜</a>

画像やテキストにリンクを設定します。
Aには画像やテキストのあるURLを記述します。(http://○○…といったものです)
URLの記述方法として絶対URL相対URLがあります。

絶対URLとは?
全体から見て一番基になる位置から階層構造をたどって記述する方法で
"http://○○…"という具合に"http://"で始まります。
他のサイトへのリンクなどの場合はこの方法で記述することになります。

相対URLとは?
基準とするファイルから見てどの位置にあるかを相対的に記述する方法で
"../../○○…"という具合に"../(ドット、ドット、スラッシュ)"で移動するファイルを表示します。
階層が下がって行く場合は"/(スラッシュ)"で区切ります。

TOPページ(○○.index.html)
Aフォルダ
Bフォルダ
┃┣C.html
┃┣Dフォルダ
┃┃┗E.jpg
┃┗F.jpg
G.html
(※同じ色は同じ階層です)

※相対URLはファイル名で記述("○○.html" とか "○○.jpg"など)
現在の位置 index.htmlへ C.htmlへ E.jpgへ F.jpgへ G.htmlへ
index.html A/B/C.html A/B/D/E.jpg A/B/F.jpg A/G.html
C.html ../../index.html D/E.jpg F.jpg ../../G.html
G.html ../index.html ../B/C.html ../B/D/E.jpg ../B/F.jpg

絶対URLと相対URL、どちらの方がいいの? という質問なのですが…
管理人としては相対URLでの記述をお薦めします。
ページを作り直したり増やしたりするだけならまだいいのですが
サイト自体のURLを変更する場合。(サーバーの移転などでアカウントやドメインが変わる場合)
相対URLで記述している場合は、サーバーにUPしてあるものをDLして
そのまま新しいサーバーにUPするだけでいいのですが
絶対URLで記述している場合はTOPのURLが変わることにより全てのファイルの位置が変わってしまうため
全部手直しを加えないといけなくなります。
なので普段から相対URLでの記述するようにした方がよいと思います。

ページTOP



マーク リンクの表示位置 <a href="A" target="B">〜</a>

target属性を使ってリンクを何処に開くかを指定します。
Aには上で説明した通り画像やテキストのあるURLを記述します。
Bには属性の値を入れましょう。

B リンクを開く場所
_blank 新しいウインドウで開く
_top 既にあるフレームを解除しウインドウいっぱいに表示
_parent フレームを一段だけ解除し親フレームに表示
_self リンク元と同じフレームに表示

"_top""_parent""_self"に関しては、フレームを使用している場合の指定です。

ページTOP

HTML TOPへ戻る リンクの状態と触れた時のアクション