A.T-MOON

contents

パンくずリスト

メッセージエリア

HTMLタグの基本A

メッセージエリア

HTMLのバージョンの指定

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN"
  "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">

<html>
 <head>
  <title>ココにタイトル</title>
 </head>
 <body>
 ここに文章
 </body>
</html>

HTMLでは、各バージョンで使用可能なタグや属性などを
DTD(Document Type Definition、文書型定義)として定義しています。
HTML文書を作成する時に、どのバージョンに従って作成しているのかを宣言する必要があります。
省略した場合は
Windows版Internet Explorer6、Macintosh版Internet Explorer5.x、Netscape6以降では
互換モードで表示されます。ちょっとややこしいですね。
標準モードと互換モードがあるのですが、例えば上記のDTDをピンク色の部分そのまま記述すると
HTML4.01 Transitional DTDバージョンの標準モードとなりますが
URL部分を省略することで表示モードが互換モードとなってしまうブラウザやバージョンがあるのです。

ひとまず難しく考えることなく、扱いやすいHTML4.01 Transitional DTD
フレームが加わったHTML4.01 Frameset DTDを使うとよいでしょう。
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN"
  "http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">

<html>
 <head>
  <title>ココにタイトル</title>
 </head>
 <body>
 ここに文章
 </body>
</html>
ちなみにこのサイトはHTMLではなくXHTMLで作られていますのでソースは参考にならないかと…(汗)
いずれXHTMLの解説もしたいと思います。
ページTOP
ひとつ前のページに戻る

HTMLタグの基本@前のページ 次のページHTMLタグindexへ戻る