A.T-MOON

contents

パンくずリスト

メッセージエリア

フレーム表示の設定

メッセージエリア


表示ファイルの指定

<frame src="
A" name="B">


<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">
<html>
 <head>
  <title>表示ファイルの指定</title>
 </head>
  <frameset cols="20%,80%">
   <frame src="○○.html(AのURL)" name="Aのフレーム名">
   <frame src="○○.html(BのURL)" name="Bのフレーム名">
    <noframes>
     <body>
     <p>
     このページを表示するには、フレームをサポートしているブラウザが必要です。
     </p>
     </body>
    </noframes>
 </frameset>
</html>
frame srsには表示させるファイルのURLを記述します。
nameでフレームに名前をつけておかないと、リンクを読み込むウィンドウの指定ができませんので
わかりやすい名前をつけておくとよいでしょう。
name="menu"name="contents" など)
ページTOP
ひとつ前のページに戻る


枠からのマージン(余白)指定

<frame marginwidth="
C" marginheight="D">


<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">
<html>
 <head>
  <title>枠からのマージン指定</title>
 </head>
  <frameset cols="20%,80%">
   <frame src="○○.html(AのURL)" name="Aのフレーム名" marginwidth="20" marginheight="10">
   <frame src="○○.html(BのURL)" name="Bのフレーム名" marginwidth="30" marginheight="30">
    <noframes>
     <body>
     <p>
     このページを表示するには、フレームをサポートしているブラウザが必要です。
     </p>
     </body>
    </noframes>
 </frameset>
</html>

C,Dにはそれぞれ数値(ピクセル)が入ります。
marginwidthは左右の余白、marginheightは上からの余白となります。
IEとNSとでは1ピクセルの誤差があるので注意。


ページTOP
ひとつ前のページに戻る

スクロールバーの表示設定

<frame scrolling="
E">


<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">
<html>
 <head>
  <title>スクロールバーの表示</title>
 </head>
  <frameset cols="20%,80%">
   <frame src="○○.html(AのURL)" name="Aのフレーム名" scrolling="yes">
   <frame src="○○.html(BのURL)" name="Bのフレーム名" scrolling="no">
    <noframes>
     <body>
     <p>
     このページを表示するには、フレームをサポートしているブラウザが必要です。
     </p>
     </body>
    </noframes>
 </frameset>
</html>
E 表示の有無
auto(デフォルト) コンテンツに応じてブラウザ側が判断し、自動的に表示される
yes 表示 常にスクロール可能
no 非表示 常にスクロール不可

Netscape6ではyesを指定してもautoと同様に解釈されるようです。


ページTOP
ひとつ前のページに戻る

リンクの読み込み先の設定とリンクを記述するファイルの設定

リンクの読み込み先の設定<frame src="F" name="G">
リンクを記述する方のファイル <a href="H" target="I">〜</a>


Fには最初に表示されるファイルのURLが入ります。
Gには任意の名前(フレーム名)が入ります。("menu"や"contents"など)
Hには読み込むファイルのURLが入ります。("○○.html")
I にはフレーム名(Fの部分)、またはtarget属性が入ります。

I 表示される場所
フレーム名 フレーム名と同じnameがつけられたフレーム
_blank 新しいフレームに表示
_self リンク元と同じフレームに表示
_parent フレームを一段だけ解除し、親フレーム(<frameset>で各フレームを設定しているフレーム)に表示
親フレームがない場合は_selfと同じ
_top すでにあるフレームを全て解除し、ウインドウいっぱいに表示
親フレームがない場合は_selfと同じ
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">
<html>
 <head>
  <title>リンクの読み込み先の設定</title>
 </head>
  <frameset cols="20%,80%">
   <frame src="○○.html(AのURL)" name="Aのフレーム名">
   <frame src="○○.html(BのURL)" name="Bのフレーム名">
    <noframes>
     <body>
     <p>
     このページを表示するには、フレームをサポートしているブラウザが必要です。
     </p>
     </body>
    </noframes>
 </frameset>
</html>

そしてリンクを記述するファイルには
<a href="○○.html)" target="フレーム名">リンク名</a>
を記述しましょう。
<html>
 <head>
  <title>リンクメニュー</title>
 </head>
 <body>
   <a href="○○.html(AのURL)" target="フレーム名">メニュー@</a>
   <a href="○○.html(BのURL)" target="フレーム名">メニューA</a>
 </body>
</html>

もしくは<base>タグtarget属性を使用して、読込先を指定しておけば
a要素target属性を省略することができます。
<html>
 <head>
  <title>リンクメニュー</title>
  <base href="http://○○.html" target="フレーム名">
 </head>
 <body>
   <a href="○○.html(AのURL)">メニュー@</a>
   <a href="○○.html(BのURL)">メニューA</a>
   <a href="○○.html(CのURL)">メニューB</a>
 </body>
</html>
<base>タグにはそのファイル自身の絶対URLを記述します。
ページTOP
ひとつ前のページに戻る
フレームの境界線の設定 フレームの基本に戻る