A.T-MOON

contents

パンくずリスト

メッセージエリア

METAタグ 3

メッセージエリア

初期情報

<meta http-equiv="A" content="B">

サイトの文字コードやスタイルシート言語、スクリプト言語などの指定をします。
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
  "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html>
 <head>
  <meta http-equiv="A" content="B">
  <title>ココにタイトル</title>
 </head>
 <body>
 ここに文章
 </body>
</html>

A B
Content-Type text/html; charset=Shift_JIS(などのサイトの文字コード)
Content-Style-Type text/css(などのサイトのスタイルシード言語)
Content-Script-Type text/javascript(などのサイトのスクリプト言語)

※例)
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
  "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html>
 <head>
  <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
  <meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
  <meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
  <title>ココにタイトル</title>
 </head>
 <body>
 ここに文章
 </body>
</html>

といった具合にひとつひとつ記述していきます。

これらの情報は記述をしなくても
表示するブラウザが自動的に判別しますが
文字化けや誤動作などが生じる場合もありますので
正しく表示してもらうためにも記述しておいた方がよいでしょう。
ページTOP
ひとつ前のページに戻る

文書を自動読み込み

<meta http-equiv="refresh" content="A">

サイトを表示した後、指定した時間でページを再読み込み(リロード)したり
別のURLに移動させたりする設定です。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
  "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html>
 <head>
  <meta http-equiv="refresh" content="A">
  <title>ココにタイトル</title>
 </head>
 <body>
 ここに文章
 </body>
</html>

には読み込みするまでの時間(秒)を記述します。
別のURLを表示させる場合は
 content="Aに続けて;url=移動先のURL(絶対パスで)を記述しましょう。

※例)
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
  "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html>
 <head>
  <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
  <meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
  <meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
  <meta http-equiv="refresh" content="10;url=http://a-t-moon.com">
  <title>ココにタイトル</title>
 </head>
 <body>
 ここに文章
 </body>
</html>

こう記述しておくと10秒後にA.T−MOONのトップページが表示されるという訳です。
ページTOP
ひとつ前のページに戻る

閲覧者のブラウザのキャッシュを制御

<meta http-equiv="pragma" content="no-cache">

ページがブラウザ側にキャッシュされるのを防ぎ、アクセスする度に最新のページを読み込ませる事ができます。

※例)
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
  "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html>
 <head>
  <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
  <meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
  <meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
  <meta http-equiv="pragma" content="no-cache">
  <title>ココにタイトル</title>
 </head>
 <body>
 ここに文章
 </body>
</html>

このように記述することにより、閲覧者のブラウザにキャッシュされることを防げます。
ページTOP
ひとつ前のページに戻る
METAタグ 2前のページ 次のページMETAタグ 4