contents

パンくずリスト

メッセージエリア

更新頻度
どんなにランキングで上位に支持される素晴らしいサイトを作っても
全く更新されなかったり、リンク切れがたくさんあったりと
サイトを訪れる意味があまりにも不明確になると、人の足は遠のきます。
初めて訪問してくれる人、突発的に訪れて下さる方はそこそこいるとしても
長く、いつでも、そこのサイトに来ようとは思わなくなるでしょう。
そういうことのないように
このカテゴリーではコンテンツの更新についてお話していきます。
  1. 更新頻度
  2. 古くなったデータの見直し
  3. 更新のお知らせ

ページTOP
ひとつ前のページに戻る

更新頻度

更新についてですが、ここ以外でも散々言っていますが
まずは自分のペースで更新していくことが大切です。
沢山の人が訪れると、それと同じようにサイトに求められるものも多くなってきます。
全ての人に応えたい、、、という気持ちは大切ですが
そのために無理やりサイトを更新していく必要はないと思います。

ただ、全く開店休業中のようなサイトはどうでしょうか。
実際、全くなにも弄られていないサイトは
はたして管理人はいるのだろうか?くらいになってしまいます。
せめて月に一度は何かの形で自分のサイトを更新できればよいのではないでしょうか?
また、サイトの内容と全く関係ないにしても
日常の日記や雑記など
私はココに居るよ、とわかる様に、自サイトには顔を出した方がよいでしょう。
個人の趣味のサイトで、作品などの展示がメインの場合、古い新しいは関係ありませんが
ココのサイトのように情報発信が非常に多いサイトは特に気をつけないといけません。
そうでないと、サイト内で提供する内容も
「これってずいぶん昔の情報だけど、今も使えるの?」なんていう疑問は
普通におこってくるでしょう。


ページTOP
ひとつ前のページに戻る

古くなったデータの見直し

色々な情報は日々進化していきます。
情報の見直しもそうですが、多く見受けられるのがリンク切れです。
「ここにこんないい情報があるから見に行ってね〜」と誘導しておいて
リンクを辿れば既になくなってしまっている。
そういうモノが非常に多い気がします。
情報を提供する側は時折確認して、実際きちんとリンクが貼れているかどうか確認しましょう。
また、掲示板などに「気づいたことをお知らせください。」なんてのも
形として記述しておくと、ひょっとしたら気づいた誰かが教えてくれるかもしれません。

古くなったデータや、なくなってしまったリンク先などは
書き換えてもよいですが
取り消し線を引いて新たに追記する方がよい場合もあります。

ページTOP
ひとつ前のページに戻る

更新のお知らせ

サイト内で更新があった場合、TOPページなので確認できるようにすれば
サイトを訪れてくれた人にとってもわかりやすいですよね。

ページ数が僅かとか、日記だけしか書いてないよ、なんて場合はわかりやすいですが
ここのサイトのようにページ数が膨大になると
どこが更新されているのかさっぱりわかりません。
【○月○日 ○○ページの△△を追加しました】とか
【××ページの☆を修正しました】とか。
訪れていただいて最初に見るページに、こうしたインフォメーションがあると
印象がいいと思います。

ページTOP
ひとつ前のページに戻る


サイト運営についてへ戻る