contents

パンくずリスト

HOME > Manage&Column >> サイト運営について >>> リピーターを増やす

メッセージエリア

リピーターを増やす
さて。サイトを運営し始めると少しずつ訪問者ができてきます。
検索エンジンから訪れてくれる人。どこかのリンクから辿ってきてくれる人。
それらの【初めてきてくれた人達】が「また訪れたい」と思ってくれる事が
リピーターを増やす事に直結しますね。

では、どのようなサイトが「また訪れたい」と思わせるサイトなのでしょうか。
少し視点を変えて、自分が訪問者だったら?を考えてみましょう。

言葉は違いますが【コンテンツの充実】や【更新頻度】は
全てリピータを増やす事に直結すると言っても過言ではありません。
  1. そこに居ると思わせる
  2. 新しい情報
  3. 特別感を与える

ページTOP
ひとつ前のページに戻る

そこに居ると思わせる

そこに居ると思わせるのは、なにも自分のサイトを更新させることだけではありません。
来てくれた人のサイトに足を運んであげるのも、自分がネット上に居ることの証明です。
特に、同じカテゴリーのサイトを持つ人同士の交流は頻繁です。
自分のサイトの更新がなくても
リンク先のサイトが更新していれば、それを見て感想を書くなどすれば
それだけでも充分だということです。

また、カテゴリーに全く関係のないことでも
ブログなどを使って日記や雑記を書いてこまめに更新していれば
メインのサイト自体は更新されていないものの
その人はそこに居るんだと認識されます。
くだらない戯言でもなんでもかまいません。
そういったものをリンクさせるだけでも、コンテンツの内容に関係なく
ファンが増えていくこともありますね。

ページTOP
ひとつ前のページに戻る

新しい情報

やはり中心になるのはメインのサイトです。
放置しておいても全く問題のないものも中にはありますが
古いままの情報が、あたかも最新の情報のようにいつまでも残っているケースはいただけません。
特に情報発信しているサイトを運営している場合は
常に新しい情報に置き換えていく作業というものをしていきましょう。
少し手を加えたり、削除したもの、全く新しく変えたものも
すべて「更新履歴」として書き記しましょう。
きちんとサイトを管理しているという事で、評価されると思います。

ページTOP
ひとつ前のページに戻る

特別感を与える

これは非常に難しい視点なのですが
まずはサイトを訪れた人が、自分の求めていたものに対して満足のいく答えが見つかるという事。
たとえばそれが、他のどこを探しても見つけられなかったのに、ここにはあった!というのが
気持ちの上で大きな特別感が与えられます。

また、掲示板やメールなどで質問やリクエストがあった場合、
全てに応えていくのは不可能ですが
自分のサイトに必要だと思う最低限の事は、試みてみるのもよいでしょう。
ただし、あくまでも自分のサイトに必要だと思われるものに限りです。
質疑応答に対しては、優劣をつける視点が大切です。
懇意にしている人の意見だけを取り入れたり、足げに通ってくれる人だけを大切にしたりと
そのような優劣をつけると逆に人は遠ざかります。

なぜ、そのような応答が必要であったかが明確なものであれば
それもまた、他にはない特別感へと繋がることと思います。

ページTOP
ひとつ前のページに戻る


サイト運営についてへ戻る